あるヨギの日常生活~身の丈暮らし~

東京都在住、ヨガインストラクター。インドカレーをこよなく愛す一児の母。2017年夏、東京から千葉の田舎へ移住予定。

移住先の決め方

f:id:yogamamoon:20170724062617j:plain

そりゃ気に入ってる街があってそこに住めるのが一番だけど、私のように
大自然の中で、のびのび子育てしたい」
だとか
「海辺でヨガしたい」
って漠然的な理由の場合、自分の中にあるこれだけは譲れない条件ってのを洗い出して行くと住む場所選びに失敗しないと思う、絶対じゃないけど。

我が家の場合は

1,関東圏内であること
⇒実家が栃木なので、万が一、親に何かあった場合関東圏内ならギリギリ日帰りも出来る

2,東京へのアクセスが良いこと。
⇒主人の仕事の関係上、そして私もなんだかんだ言っても東京が近いと安心する。友達にも会いに行きたいし。

3,海がある街
⇒海なし県で育った事、カナダのおばあちゃんちで毎日のように海に行ってたこともあり海への憧れが強い。

4,温暖な気候
⇒何故あんなに大好きなカナダに住めないかというと大の冬嫌い。寒いのが苦手。

5,スーパー、役場、病院、保育園などライフラインが全て近くに整っていること
⇒これは私がペーパードライバーであるが故、徒歩または自転車で移動出来る範囲にあることが望ましい。

こうしてアウトプットしていくと自分がどこに住みたいのか、どこに住んだらしあわせなのかの輪郭みたいなものがやんわり見えてくると思います。

写真は千葉内房。トンネルを抜けた途端、一面に広がる海が感動的でした。

地域おこし協力隊とは

私がこの言葉を知ったのは、はてソトコトだったか、イケダハヤト氏の著書の中からだったか、出処は確かではないが、第一にでた感想は

「こーんな太っ腹な制度があったもんかー!!」

でした。
今、都心に住んでおり、実家とかがあるわけじゃないし知り合いがいるわけでもない、当然仕事があるかなんてわからないけど、移住には興味がある。。。

って方、上記の条件に当てはまる方は地域おこし協力隊、是非利用してみる価値はあると思います。

地域を変えていく新しい力
地域おこし協力隊のページ
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/

私、こんなに地域おこし協力隊の事宣伝してますが企業からびた一文もらってないからね(笑)

内容としては、自治体によって異なるけどざっくり言うと(本当ざっくりなんで気になる人は調べてね。)
1-3年はお給料あげるよ、家賃も補助するから何か面白い事やって街に人呼んでね、そんで行く行くはこの街で独立してね、って感じ。

将来、田舎に住みたい人、田舎で起業したいけどフィールドがない人にはうってつけなのではないかと。

私だったら何したい?
もちろん、お洒落なヨガスタジオを作りたい!!
海の近くで、緑もいっぱいで、潮風が心地よくてーカフェなんかも併設しちゃったりーなおしゃれなヨガスタジオ。
パン屋も憧れるしー英会話教室もいいなーとか。

ほら妄想は膨らむばかり。だって楽しいもん。

ただこれ、40歳以下とかいう年齢制限があるのと
移住前に都市部に住んでることも何故か条件に含まれてるところが多い。

そして応募者全員が受かるわけでも当然、ない。
書類選考、そして面接。
甘く見てたけど場所によっては倍率もそこそこ高い。
とゆーのはやはり都心へのアクセスがいいとか、田舎だけどスーパーとかあって生活基盤が整ってるとか既に観光名所で観光客も多くそこそこ賑わってるところとか。

自分が住みたい街が募集をかけてるとも限らないので、こればかりは運とタイミング、そして辛抱強く待つこと、なのかな。

ヨガの教えに重ね合わせていうならば、こだわらない、執着を手放すということも大切かもしれません。

ヽ(´ー`)ノ


移住に向けて読んだ本

さあ、東京を離れるぞ、と決めたらまずは情報集め。
この情報集めには二種類の目的があり、
1つは

移住をワクワク楽しみにするための情報、安心材料。

もう一つは

移住デメリットを知ることによって「やっぱり移住できないよね、東京にいるのが一番だよね」という言い訳をつくるため。

例えば。
地方では車が必須アイテム。
免許証がただの身分証明証と化してる私はやはりここで「車運転無理だから移住無理ね、車の排気ガスって地球汚すし東京にいた方が地球のためにもいいわ。」となる。

人間は、実は気を付けないと悪い方に行きたがる。その方が楽だから。できな理由を貼っ付けてかわいそうな自分なぐさめてる方がとーーーっても楽。って事に気づいたのはヨガを初めてからかな。

最初は面倒だけど始めちゃうと楽しいのは普段のホームプラクティスと一緒。
「あー今日腰痛いわー」
「今日公園行って疲れたしー」
「食べ過ぎたんでまだ消化終わってないしー」

ヨガ始めてすぐの頃は言い訳の嵐。
スタジオではやるのに。

だから私は考えた。
入口の敷居を下げよう。

マットはしかない。
やりたいポーズから入る。
形式や時間にこだわらない。

こうして入口を入りやすくしたことによってホームプラクティスが楽しく出来るようになった。

話は逸れたけど、移住の情報集めもそう。
自分がワクワクする情報を選んでいった。
最低限知っておかなくてはいけないデメリットもあるけど、それは追々確実に知ることになるんだからまず入口は楽しいと思える事にアンテナ張って拾ってけばいいんじゃないかな。

じゃないと一番の目的である「大自然の中で、のびのび子育て」すら本末転倒になってしまう!!!

あと私の場合、難しいことを考えるのも苦手。
理解できない自分に嫌気が差すし、この性格上「分からなかった」ということが不完全燃焼で心に残り、やがて不安へと変わってく事も知ってるのでまず第一歩目ではそこは特に気をつけたいと思う。

自分の中にちいさな子供がいるつもりで、その子をあやすように、ワクワクという情報のおもちゃをたくさん与えてあげること。

で、読んだ本。
ソトコト 2017年 7月号 Lite版 [雑誌]
(111)ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)

これ本じゃなくて雑誌だ。
ソトコトっていつから移住雑誌になったんだ??
雑誌のいいところは写真が多いとこね。
でも私は文字のフォントやサイズがページによってコロコロ変わるの、あれ集中力を妨げるようで苦手です。
でも百聞は一見にしかず。写真の力はすごい。
特に同世代のお母さんやおばあちゃん、子供が笑ってる写真はワクワク度数が一気に上がる。
田舎の写真は気取ってなくて素朴。自然はかっこつけないし嘘がなくていい。

SNSで農業革命 (碩学舎ビジネス双書)

SNSで農業革命 (碩学舎ビジネス双書)

これは今もまだ読み途中。
でも知り合いもいないところへひとりで移住して友達も出来ず、それでも黙々と農業を続けてきた作者に心打たれる。私が農業をやるかはわからないけど、考え方の根本はどんな職業でもそう変わらないと思うので参考にしてます。

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)
この挑発的なタイトルを見て、素通りできなかった自分はまんまと著者の罠にハマったと思う(笑)でもいいんだ。イケダハヤトさんの意見はネット上で賛否両論あるようですが、考え方がとてもシンプルで分かり易いと思った。私が田舎暮らしに抱いてる不安はいるかわからないお化けを自分の中の想像上でどんどん怖いものにしていってしまってるんだって気付けたのもこの本のおかげ。

参考本少なっ。
突然思いついたもんだからぱっと思いついたもんだからパッと思い出せたのこれしかなかったんだよお。(←いいわけ)

また思いついたら書きます。

明け方の満月

早起き 。
夜明け前の空の色が好き。

太陽より早起きして、時々空をぼーっと見てる時間が好き。

あっという間に、そして気づくと私の好きな空の色が変わってしまう、だからすっごく貴重な時間。

よかった、満月まだいた。
f:id:yogamamoon:20170710081226j:plain

ベランダの窓越しから撮影してみたらおもしろく撮れた。

何か新しい事はじめたいな。



メルマガ断捨離

ふと思った。

開封しないけど毎週のように送られてくるメルマガ、一体どの位あるんだろう。

受信箱からそのままゴミ箱に移すけど、これ、毎日の作業。
例え1日1分だとしても1年で365分、つまり年間で約6時間近い時間をもゴミ箱に捨ててるんだ。

非常に遺憾である。

6時間って言ったら1日の1/4。
東京から沖縄往復できるよね?
映画3本見れるし、マッサージフルコースだって3回受けれる。

というわけで、読んでないメルマガを解除することにしました。

その数20個以上。。。。
一日じゃ全て終わらず数日かけてコツコツ解除していきました。

厄介だったのは楽〇やYAHO〇、ショッピングしていつのまにかメルマガ登録されてて(身に覚えはない。)解除してもしてもくるので、ついに楽〇さんにはお客様センターに直接メールを出しました。

そうしたら迅速、尚且つご丁寧な対応で即メルマガ解除して下さいました。

メルマガにも色々場種類があることがわかった。

・配信停止をクリックすればそのまま解除になるもの(海外のサイトはこのタイプが多かった)

・配信停止をクリック、その後ログインして手続きするもの(これがメジャーかも。)

・返信メールに配信停止希望と記載するもの(個人で行ってるメルマガはこれが多い)


中にはメルマガ内に配信停止の案内が無いものもあったり、逆に配信停止の希望を伝えても送られ続けて来るものもあった。

ほとんどのメルマガを解除したわけですが、それでも未だに解除せず毎回購読してるメルマガは、私の場合、無印良品かな。
新着アイテムの紹介もあるけれど、自然や人にフォーカスしたコラムが面白い。

配信解除もすぐできるようだし、気になった人は1度試しに購読してみてはどうでしょう。

https://www.muji.net/store/pc/user/mailnews/index.html

読み続けたいメルマガって、それを読むことによって自分の血骨肉になるもの、1mmでも成長したって思えるものだなー私の場合。あと誰かに話したくなる内容のものね。

あーそれにしても無印良品のヨガライン、また復活して欲しいものだなあ。。。