あるヨギの日常生活~身の丈暮らし~

東京都在住、ヨガインストラクター。インドカレーをこよなく愛す一児の母。2017年夏、東京から千葉の田舎へ移住予定。

なんにもないインテリア

気付けば世は断捨離ブーム。
断捨離ってこの言葉、実はヨガの中の言葉。

断行(だんぎょう)=入ってくるものを断つ
捨行(しゃぎょう)=不要なモノ・コトを捨てる
離行(りぎょう)=モノ・コトへの執着から離れる

↑ざっくりこんな感じ。

私の場合、ヨガを始めたのと引越しや一人旅がフルイの役目となって、徐々に削ぎ落とされてきたかなーという感じ。

これは現在の私の書斎(笑)

f:id:yogamamoon:20170623065758j:plain

簡易テーブルと折り畳み椅子。
使わない時は畳んでしまえる。

ダイニングテーブルは処分しちゃった。(弟にあげた。)
ちゃぶ台あるし。

将来、家族が増えたらまた買うかもしれないけど、今はいらない。

掃除がすごい楽。
そして楽だと楽しい。
ヨガマット敷けるスペースも広がったし、(ダイニングテーブルが)無くなって特に不便も感じない。

私のヨガの先生が言ってた。
「ヨガは脳の誤解を解くこと。」
だって。

「ダイニングテーブルがなきゃ生活できない!!」
という私の脳の誤解を一つ、解く事が出来た。

このスイッチ入ると、どんどんハマっていっちゃうのが楽しくもありコワイところ。

インテリアはイラストレーターのゆるりまいさんのような「ガランとした部屋」に憧れる。

物は少ないほうだけど、子供の玩具、そして特に絵本はどうしても捨てられず増える一方。
だけど、それはいいかなと思ってる。

自分を縛りすぎないように ね。
目標はスーツケース一個に身の回りの物がおさまるくらいコンパクトに暮らすこと。

旅するように暮らすこと。