あるヨギの移住日記。

2017年、東京から千葉鋸南町へ家族で移住。移住手続きから田舎暮らしの事、ヨガスタジオオープンまでのあれこれを綴っていきます。

世界難民の日

ユニクロで着なくなった洋服を回収してるってこと、みなさんご存知?

今日はユニクロに着なくなった子供服を回収箱におきにいったんだけど、そしたらこんなの貰ったよ。
(早速バックパックにつけた。)

f:id:yogamamoon:20170630212924j:plain


6/20は世界難民の日
そしてこのチャームは刺繍作家小林モー子さんのデザインで、刺繍部分を難民女性が心を込めて施したもの。

この刺繍を刺した女性はどんなひとでどんな事を考えてたんだろう。
この刺繍糸、彼女も実際にさわったんだよね。
今、同じ糸を私触ってるんだよね。
なんかテレパシーみたい!!

世界の難民の半分以上が子供達ときいて胸が潰れそうになった。
ユニクロさん、お古なんかですみませんが、どうぞ届けて下さい。
個人でこういうことやるのは大変だけど、今ユニクロをはじめ、多くのアパレルや大企業,NPOなんかがこういう活動してくれてるでしょ、ありがたいなーって思う。

同時に、お古なんかですみません、とも。

ホントはさ、なんか違うんだよねー。私たちが新品一着買うのがまんしてその分のお金を送ってあげたらいい。
古着を寄付しておうちもスッキリ、いいことした気分、それってなんかちょっと違う。

でもあっちだって服なくて困ってるんだからこれはこれでいいのか?

いい、まずは出来ることから、ということにしよう。



#ユニクロリサイクル#あつまれユニクロの輪#難民とともに#withrefugess#mokokobayashi#刺繍作家#世界難民の日