あるヨギの移住日記。

2017年、東京から千葉鋸南町へ家族で移住。移住手続きから田舎暮らしの事、ヨガスタジオオープンまでのあれこれを綴っていきます。

ミニマムライフ 我が家にないもの(生活編)

まずは

車。

これは東京にすんでいれば驚くことではない。
東京に住む多くのお父さんは通勤に電車やバスを利用してるし、我が家からは徒歩5分圏内にコンビニ、スーパー、郵便局、バス停、もう少し歩けば駅や区役所、病院、薬局、図書館、ルミネ、とにかく何でもある。

掃除機。

今のマンションに越してくる前までは持ってた。
でもいらない事に気づいた。
掃除機をかけるのは(その頃はまだ子供もおらず働いてたため)大体仕事が休みの週末。
あの音が嫌い。
あと部屋の隅に吸い取りきれなかった小さな屑がたまってるのを見るのも嫌。
ほうきを買った。
それから無印良品で小さなちりとりとブラシのセットも。
実家からクイックルワイパーを持ってきた。
三種の神器

その結果、
前よりも掃除をするようになった。
歯を磨くのと同じように、掃除しない日があるとなんだか気持ち悪いくらい。

手放してみてわかったけど、掃除機ってあの音につられて何となく綺麗にしたつもりでいるけど、案外きれいになってない。
(いや、最近の掃除機はもっと性能がいいのかもしれないけど。。。)

それからクイックルワイパーでお部屋全部乾拭きしたあとのあのシートを見るのが快感。
埃、髪の毛、食べこぼしがからっからに干からびた物、とれてるーーーー。

炊飯器

これも前回の引越しで手放した。
だって土鍋で炊いた方がおいしいんだもの。
土鍋といいつつ、我が家で使ってるものはフランス製の透明なガラス鍋。母から譲り受けたもの。
ガラス製だから手入れも慎重。
最近は炊き加減が匂いでわかるようになったんで、おコゲもギリギリ出来るかできないか。
お鍋は一晩水に浸しておけば洗うのも簡単。
もうずっと土鍋ご飯を食べてると、炊飯器で炊いたご飯の「炊飯器味」が気になるようになってくる。

電子レンジ

これも引越しの際にさよなら。
あれば便利だし時々ほしーなーって思うけど、そこまでいらないかな。
温めは無水鍋で蒸した方が味が濃くて美味しいし、
フライパン、魚焼きグリル、オーブントースターもあるのであのどう頑張ってもおしゃれになれない四角い箱はうちにはいらない。


とりあえず大きなものを書き出してみた。
ない生活になれると、「あ、そういえばこれってフツーの家にはあるもんなんだなー」と思い出すことがあるくらい、普段の生活では忘れてる。
つまりなくても何不自由なく生きて行けるってこと。
そして物が少ないと、家の中がいつもきれい。
掃除に時間を取られないから、むすこと遊ぶ時間、読書する時間、手芸やヨガする時間がたくさんとれる。

因みに今日は新聞ラックと水切りカゴをドネーションしてきました。
また思い出したらない物リスト、書いてみようと思います。