あるヨギの日常生活~身の丈暮らし~

東京都在住、ヨガインストラクター。インドカレーをこよなく愛す一児の母。2017年夏、東京から千葉の田舎へ移住予定。

地域おこし協力隊とは

私がこの言葉を知ったのは、はてソトコトだったか、イケダハヤト氏の著書の中からだったか、出処は確かではないが、第一にでた感想は

「こーんな太っ腹な制度があったもんかー!!」

でした。
今、都心に住んでおり、実家とかがあるわけじゃないし知り合いがいるわけでもない、当然仕事があるかなんてわからないけど、移住には興味がある。。。

って方、上記の条件に当てはまる方は地域おこし協力隊、是非利用してみる価値はあると思います。

地域を変えていく新しい力
地域おこし協力隊のページ
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/

私、こんなに地域おこし協力隊の事宣伝してますが企業からびた一文もらってないからね(笑)

内容としては、自治体によって異なるけどざっくり言うと(本当ざっくりなんで気になる人は調べてね。)
1-3年はお給料あげるよ、家賃も補助するから何か面白い事やって街に人呼んでね、そんで行く行くはこの街で独立してね、って感じ。

将来、田舎に住みたい人、田舎で起業したいけどフィールドがない人にはうってつけなのではないかと。

私だったら何したい?
もちろん、お洒落なヨガスタジオを作りたい!!
海の近くで、緑もいっぱいで、潮風が心地よくてーカフェなんかも併設しちゃったりーなおしゃれなヨガスタジオ。
パン屋も憧れるしー英会話教室もいいなーとか。

ほら妄想は膨らむばかり。だって楽しいもん。

ただこれ、40歳以下とかいう年齢制限があるのと
移住前に都市部に住んでることも何故か条件に含まれてるところが多い。

そして応募者全員が受かるわけでも当然、ない。
書類選考、そして面接。
甘く見てたけど場所によっては倍率もそこそこ高い。
とゆーのはやはり都心へのアクセスがいいとか、田舎だけどスーパーとかあって生活基盤が整ってるとか既に観光名所で観光客も多くそこそこ賑わってるところとか。

自分が住みたい街が募集をかけてるとも限らないので、こればかりは運とタイミング、そして辛抱強く待つこと、なのかな。

ヨガの教えに重ね合わせていうならば、こだわらない、執着を手放すということも大切かもしれません。

ヽ(´ー`)ノ